# 継続的デリバリー

〜プロダクトを顧客に届けるプロセスを改善する〜

# 継続的デリバリーとは

現在はその理想形としてリリースパイプラインの自動化が継続的デリバリーとされていますが、

本来の意味はプロダクトを顧客に届けるためのプロセスを継続的に改善することです。

究極的な形が継続的デプロイメントになります。

# なぜ継続的デリバリーをするのか

プロダクトを顧客に届けるプロセスを頻繁に実施することでリスクを減らす目的があります。

# どうやっておこなうのか

# やり方

継続的インテグレーションのパイプラインの後に「継続的デリバリー」のパイプラインを構築します。

継続的インテグレーションツールは基本的に「継続的デリバリー」もできるようになっているため、

同じツールを使うのが、複雑にならずに良いと思います。

# 注意点

# 継続的改善を忘れずに

プロダクトを顧客に届けるプロセスを自動化したからそれで終わりかというとそうではありません。

  • 時間がかかっているようであれば、短くする
  • マシンのリソースを食っているようであれば、減らせるように工夫する
  • 承認プロセスが多すぎるなら、減らせるように調整する

などいくらでも改善の余地はあると思います。

# 参考資料

# さいごに

文章の改善のため、フィードバックがありましたら、こちらからお願いいたします。

Last Updated: 6/6/2020, 9:48:46 AM